アクションフック ─ Action Reference

本項では、CDBT V2プラグインにて利用可能な各種アクションフックを解説します。
各アクションフックはWordPressのテーマやプラグイン等から呼び出して、それぞれのフック・ポイントに対して独自処理を挿入することが可能になっています。

利用例:

function custom_action_after_insertion( $insert_id, $table_name, $insert_data ){
  if ( 'prefix_table' === $table_name && is_user_logged_in() ) {
    $current_user = wp_get_current_user();
    $_user_id = $current_user->ID;

    global $cdbt;
    $cdbt->update_data( $table_name, [ 'userID' => (string)$_user_id ], [ 'ID' => $insert_id ] );
  }
}
add_action( 'cdbt_after_inserted_data', 'custom_action_after_insertion', 10, 3 );

アクションフック一覧