cdbt_shortcode_custom_columns

(CDBT 2.0.0)

cdbt_shortcode_custom_columnsショートコードで一覧表示されるテーブルの列についての指定をフィルター

Description

array cdbt_shortcode_custom_columns ( array $columns [, string $shortcode_name, string $table ] )
ショートコードで一覧表示されるテーブルの列についての指定をフィルターする。このフィルターフックを利用することで、[cdbt-view][cdbt-edit]で出力されるテーブルの列表示をカスタマイズできます。

Parameters

columns
各カラム別の列出力制御用の設定データの配列。

カラム出力制御設定データ配列の要素構成は下記のようになっています。

customColumnRendererではJavaScriptを使いカラム値を参照できる。カラム値のプレースホルダはrowData.カラム名となる。
truncateStringsの設定はバージョン2.0.10から追加されました。
shortcode_name
フィルター後にレンダリングされるショートコード名を参照できます。
table
ショートコードが処理するテーブル名を参照できます。

History

バージョン 内容
2.0.0 新規追加
2.0.10 カラム出力制御設定データ配列に「truncateStrings」を追加

Example

  1. [cdbt-view table="prefix_table"]にて表示されるlinkカラムの値(<a>タグ付きリンク文字列)をHTMLとして出力する。

Reference

Related Methods

Related Hooks

目次

About the Author

ka2

ka2

WEBフロントエンドエンジニア。元々コンシューマゲーム機のチェッカーで、ゲーム好き。WEB業界はWEBデザイナーとして出発し、いまではクラウド系インフラ構築から、アプリケーション開発までおよそWEB関連開発ならよろず屋的にこなしてます。最近は、AWS SDK for PHP v3を弄びつつ、CodeIgniterとd3.jsが気になる日々。
  • follow us in feedly