cdbt_shortcode_custom_forms

(CDBT 2.0.0)

cdbt_shortcode_custom_formsショートコードで出力される登録フォームの各種設定をフィルターします

Description

array cdbt_shortcode_custom_forms ( array $elements_options [, string $shortcode_name, string $table ] )
ショートコードで出力される登録フォームについての出力指定をフィルターする。このフィルターフックを使用することで、[cdbt-entry]で出力されるフォーム画面をカスタマイズできます。

Parameters

component_options
登録フォームの各種出力設定の配列。

フォーム出力設定配列の要素構成は下記のようになっています。

elementExtrasの配列で参照できる要素は入力項目のelementTypeによって異なります。
shortcode_name
フィルター後にレンダリングされるショートコード名を参照できます。
table
ショートコードが処理するテーブル名を参照できます。

History

バージョン 内容
2.0.0 新規追加
2.1.32 第2引数$shortcode_nameへのcdbt-editの指定が可能になった

Example

1. [cdbt-entry table="prefix_table"]の登録フォームのuser_idカラムをHIDDENフィールドに変更して初期値に現在ログインしているユーザーIDを設定する。

2. 通常はテキストフィールドとして表示されるprefecturesカラムを都道府県選択フィールドに変更する。

3. テキストエリアとして表示されるdescriptionカラムのサイズを変更し、補足テキストを追加する。

4. カラムに存在しない独自の新規入力フィールドをcdbt-editに追加する。

追加したフィールドの入力値はcdbt_before_update_dataフィルタなどを利用して$_POSTで取得できます。

5. cdbt-editで出力される編集フォームのみ任意の項目を非表示化する(バージョン2.1.32以降用)。

Reference

Related Methods

Related Hooks

目次

About the Author

ka2

ka2

WEBフロントエンドエンジニア。元々コンシューマゲーム機のチェッカーで、ゲーム好き。WEB業界はWEBデザイナーとして出発し、いまではクラウド系インフラ構築から、アプリケーション開発までおよそWEB関連開発ならよろず屋的にこなしてます。最近は、AWS SDK for PHP v3を弄びつつ、CodeIgniterとd3.jsが気になる日々。
  • follow us in feedly