あまり知られていないJetPackプラグインのデバッグモード

WordPressの多機能プラグイン「JetPack」は、WordPress.comのアカウントと連携しないと実行できない。バージョン2の頃はそんなこと気にせずに使えたのだが、バージョン3からは連携必須の仕様になってしまった。
まぁ、WordPress.comにアカウントさえ作成(無料)すれば、連携するのは簡単なので、それはいいのだが、ローカルPCなどでWordPressサイトを開発していたりすると、JetPackの連携ができないケースに陥る。そんな時に表示されるのが、下記のエラー画面だ。

JetPack連携エラー

JetPackが連携できていないと、JetPackプラグインの機能をテーマ側からカスタマイズしようとか、プラグイン側で拡張しようとした場合、開発が進まなくなってしまう。

そういう場合のために、JetPackにはデバッグモードというものが実装されている。デバッグモードを有効化すると、JetPack連携をしていなくても一部の機能が利用できるようになるのだ。

デバッグモードの有効化の方法は、二通りある。

1. まず、wp-config.php にデバッグモードON用の定数をセットする方法だ。

やり方は簡単で、wp-config.php に下記のように追加するだけだ。

2. もうひとつが、テーマやプラグインの functions.phpなどにフィルタを追加する方法だ。

こちらも簡単だ。テーマ別やプラグイン別にデバッグモードのON/OFFを切り替えられるので、こちらのほうがフレキシブルに対応できて良いかもしれない。

デバッグモードでJetPackを利用中は下記のように「開発モード」の警告が出るようになる。

JetPackの開発モード

デバッグモードで利用できるJetPackの機能

なお、デバッグモードで利用できる機能(モジュール)は下記のとおりだ。

モジュール名 開発モード
Beautiful Math
Gravatar ホバーカード
Markdown
ウィジェット表示管理
カスタム CSS
カスタム投稿タイプ
カルーセル
コンタクトフォーム
サイトアイコン ※ WordPress 4.3から本体にバンドル済み
サイト認証
ショートコード埋め込み
タイルギャラリー
モバイルテーマ
一括検索
共有
無限スクロール
追加サイドバーウィジェット
JSON API ×
Photon ×
VaultPress ×
VideoPress ×
WP.me 短縮リンク ×
いいね ×
コメント ×
サイト統計情報 ×
シングルサインオン ×
スペルと文法 ×
パブリサイズ ×
プロテクト ×
メール投稿 ×
モニター ×
拡張配信 ×
購読 ×
通知 ×
関連投稿 ×
集中管理 ×

私がテーマ側でカスタムしようと思っていた「関連投稿」と「パブリサイズ」は開発モードでは使えなかった…orz

JetPackの機能を利用して機能拡張するようなテーマやプラグインの開発は、素直にWordPress.comと連携できる環境でしないとダメでした…残念。

Appendex

最後におまけとして、HTTPSプロトコルで公開しているWordPressサイトをHTTPS固定でJetPack連携する場合の設定方法があるので紹介しておこう。

まず、WordPressサイト側でSSL証明書がインストールされてHTTPSプロトコルでJetPack連携する場合、wp-config.phpに下記のように追加する。

もし、SSL証明書に問題があったり、HTTPSプロトコルでのアクセスに不具合が発生する場合で、それでもJetPack連携がしたい時は、wp-config.phpに下記を追加する。

──まぁ、どちらをやっても上手くいかないケースもあって、そういう場合は素直にSSL証明書のエラーを解消するのが一番早かったりする。

Leave a Reply

Your email address will not be published.