google_plus

GoogleがFacebookに対抗するべくリリースしたソーシャル・サービス「Google+(グーグル・プラス)」。結構巷では話題になっているものの、まだGoogleから招待メールが来なくてやきもきしている人も多いのかも。私もその一人だったのだが、先日招待してもらったので、さっそく始めてみた。第一印象としてはフォローメンバーをセグメンテーションできる(サークル)機能がやはりイイ感じ。 Facebookもやっているのだが、個人アカウントに会社の同僚とか上司とかを追加してしまった(ウチの会社は最近Facebookを公式の業務ツールに採用したのだ)ために、情報共有ツールとしてプライベートとオフィシャルの境目がなくなってしまい、身動きがとりづらくなってしまっていたので、「Google+」は助け舟的に期待していた次第。 Facebookは原則フォローしているメンバーはすべて同じ「友だち」のくくりに入れられてしまって、投稿に対して厳格なセグメンテーション(この記事はこの人には見せてOKだけど、この人には見せたくない…とか言う閲覧権限の設定)をするのが難しい(というか、面倒くさい)のがネックだったのだ。 サークル以外のHOME画面とかSparksなんてのはFacebookにそっくりなUIなので、Facebook使ったことがある私には使いやすいってのは良いことだ(この手のSNS系サービスで、操作方法をまた一から覚える気力が最近なくなってるので…)。しかもFacebookにはないサークル機能のUIは、思ってた以上に使いやすくて、見た目もシンプルで◎ですね。得てして斬新なUIってユーザビリティ低下を招くことが多いんだけど、サークル機能以外はほぼ定着しているUIを真似て作ってあるので総じて操作に困ることがなかった。さすがはGoogle、サービスクオリティが高い。 まだちょっと触っただけだけど、なかなか良さ気なソーシャル・サービスに化けそうな予感。 個人的にはFacebook好きじゃないので、Google+をプライベートでのメインSNSにして行こうかねぇ…。