PHP+JavaScriptのスキルセットがあればWebの世界では順風満帆かもしれない

先日、2014年8月度のプログラミング言語のトレンド状況の統計が示された。話題としては、今年春先頃から騒がれていて先月にはTOP20入りしたAppleの新しいプログラミング言語「Swift」が再びTOP20から下落したというのと、今後は「Visual Basic」を「BASIC」と「VB.NET」と「Visual Basic」の3つに分けてサマリーすることにしたとの内容だったんだけど、その辺はオレ的にはあまり興味がなかった(笑)
ただ、実際のところ現在のプログラミング言語のトレンドと、オレ自身のスキルセットとを比較してみようと思ったので、少し調べてみた。

TIOBEプログラム言語インデックス指標

順位(2014/8) 比較(2013/8) 動向 プログラム言語 評価 前月差
1 2 C 16.401% +0.43%
2 1 Java 14.984% -0.99%
3 4 Objective-C 9.552% +1.47%
4 3 C++ 4.695% -4.68%
5 7 Basic 3.635% -0.24%
6 6 C# 3.409% -2.71%
7 8 Python 3.121% -0.48%
8 5 PHP 2.864% -3.83%
9 11 Perl 2.218% +0.18%
10 9 JavaScript 2.172% +0.08%
11 Visual Basic 2.014% +2.01%
12 13 Visual Basic .NET 1.310% -0.01%
13 10 Ruby 1.242% -0.83%
14 23 F# 1.096% +0.56%
15 18 Pascal 1.044% +0.42%
16 12 Transact-SQL 1.043% -0.35%
17 38 ActionScript 1.001% +0.69%
18 14 Delphi/Object Pascal 0.915% -0.00%
19 16 Lisp 0.828% +0.08%
20 17 PL/SQL 0.786% +0.03%

基本的にTIOBEのインデックス指標は各種検索エンジンでのインデックス量に応じた話題性に基づくので、Googleトレンドと同じように、その結果が業界のシェアや厳密な人気度とイコールではない。ただ、総インデックス量が相応にあるということはそれだけユーザーの関心が高いことではあり、それがポジティブかネガティブな内容なのかは別にしてその言語についてのコミュニティが活性化しているとは言えるのではないだろうか。

TIOBEでも云っているが、このインデックス指標を見て、その言語が廃(すた)れていないかを確認し、アプリケーションの開発言語として採用するに値するのか、これから勉強する言語にするべきなのかなどを判断する材料に使うのは良いかもしれない。

さて、次にもうちょっと実用性のある統計を見てみる。
先日CMSのトレンド動向調べた時に参照した「W3Techs」での統計情報だ。
ちなみに、W3Techの統計は全世界のWebサイトのうち、(スパム等を除外した)トラフィック量の多いTOP100万サイトを対象として、各種情報を抽出しているとのこと。

サーバーサイド言語の最新シェア

順位 サーバサイド言語 シェア 備考
1 PHP 82.2%
2 ASP.NET 17.3%
3 Java 2.7%
4 ColdFusion 0.8% かつてのMacroMedia(現Adobe)のアプリケーションフレームワーク。HTMLに似た記述のスクリプト言語。現在の最新バージョンは11
5 Perl 0.5%
6 Ruby 0.5%
7 Python 0.2%
8 JavaScript 0.1% サーバーサイドJavaScriptなのでnode.js等ということだね

サーバーサイドは圧倒的にPHP建てが多いという結果だ。まぁ、サーバ環境的にオープンソースのLAMP環境ってのが一般化してるからねぇ…その環境だとデフォルトでPHP入ってるからここまでシェアが広がったのかと。オレ的には、まだColdFusionがメジャーなのと、バージョンアップデートも続けられていたのには驚いた(笑)

クライアントサイド言語の最新シェア

ちなみに、クライアント側でプログラム言語を利用せず、HTMLとCSSオンリーで公開しているサイトは全体の11.6%もある。

順位 クライアントサイド言語 シェア 備考
1 JavaScript 88.2%
2 Flash 13.2%
3 Silverlight 0.2%
4 Java 0.1%

まだまだFlashサイトも結構あるもんだなぁ…というのが感想かな。まぁ、クライアント側がJavaScript一強状態なのは昔から変わらないし、そのうちシェア90%超える日も近いんじゃないかね。

結果的に、今のWeb業界はPHPとJavaScriptのスキルセット持ってれば無難に渡って行けるだろうということがわかって、オレ的には一安心した次第。
最近始めたRubyは今後どうなるかはわからないけど、Chefとかデプロイ系の技術ってRuby製ばかりなんで、覚えておいて損はなさそうな気もする。

あと、ここからは言語の話じゃないんだけど、W3Techの統計で面白い指標が見れたので、蛇足的に紹介しておこうかと。

ソーシャルウィジェット連携の状況

ソーシャルウィジェットとは、facebookの「いいね」「シェア」ボタンやTwitterの「ツイート」ボタンなど、サイト内に外部SNSと連携できるコンポーネントのこと。この統計指標は、それらのソーシャルウィジェットが埋め込まれているサイトにおける、連携しているSNS別のシェアである。
ちなみに、SNS連携していないサイトは全体の70.3%もある。

順位 ソーシャルウィジェット シェア 全統計サイトでの比率 備考
1 facebook 62.7% 18.6%
2 Twitter 34.9% 10.4%
3 Google+1 32.1% 9.5%
4 AddThis 14.8% たくさんあるソーシャル連携を一括で埋め込めるサービス。サイト作る時に面倒なソーシャル連携が簡単にできるうえに世界中のSNSに対応しているので利用するユーザーが増えて来た。公式サイトはこちら
5 Pinterest 7.0%
6 ShareThis 5.8% AddThisと同じように複数のソーシャルシェア連携を一括でサイト内に埋め込めるサービス。各種CMSサイト向けにエクステンションAPIを提供している。対応SNSはAddThisより少ない。公式サイトはこちら
7 LinkedIn 4.9% 世界最大級のビジネス特化型SNSを謳っている。日本語化もされている。
Tumblr 1.0% 自由度の高い無料ブログサービスで、各種コンテンツをブックマークしてのWeb上のスクラップブック的な使い方ができる。簡易CMS的な運用も可能で日本語化もされている。公式サイトはこちら
Mixi 0.1% かつて一世を風靡した日本産の老舗SNS

だいたい今どきサイトはどこもfacebook、Twitter、Google+1の連携ボタンを設置してるんで、上位3つは納得の結果かと。あとは、ポートフォリオ系のサイトだと以前はfrickrだったけど、今はPinterestと連携しているところをよく見かける。AddThisやShareThisは海外では超有名なんだけど、日本ではまだ知名度が低い(SNS連携するなら、コレだけ使っとけ的にすごく便利なんだけどねぇ…)。それと、日本だとHatenaブログとかもあるね。

アドネットワーク(広告)ウィジェット連携の状況

このアドネットワークウィジェット連携とは、つまりはサイト内に広告出しているサイトの広告元のシェアという意味です。ちなみに、アド連携していない(広告出していない)サイトは全体の79.7%もある。

順位 アド連携元 シェア 全統計サイトでの比率 備考
1 Google Ads 80.9% 16.4%
2 Amazon Associates 5.9%
3 AdRoll 3.1%
Yahoo Advertising 0.4%
ValueCommerce 0.3%
Glam Media 0.3% よく女性誌系の出版サイトとかに広告出している

アナリティクス連携の状況

サイトのアクセス解析系の導入状況です。なお、アナリティクス連携していないサイトは全体の38.8%。

順位 アナリティクス連携 シェア 全統計サイトでの比率 備考
1 Google Analytics 81.3% 49.8%
2 Yandex.Metrika 6.2%
3 LiveInternet 5.6%
4 WordPress Stats 5.5% JetPackプラグインをインストールすると利用できる
5 StatCounter 3.2%

広告とアクセス解析はGoogleの独壇場でした。ま、この二つは対抗のサービスがパッと思いつかないぐらいGoogleの知名度が高すぎるし、実際にも高機能なんで他のサービスを検討する必要があんまりないのが実情じゃないかと。


関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.