WordCamp Tokyo 2015 まとめ・その1

10月31日と11月1日の二日間で開催された「WordCamp Tokyo 2015」に参加してきた。
何気に「WordCamp」に参加するのは二度目なんだけど、一度目はかなり前にWordPressもろくに使っていなかった時代に参加したので、実質初参加という気持ちでの出席になった。まぁ、ここ数年は仕事でもプライベートでもずっとWordPress漬けで、私的にはもはやWordPressなしには生きていけない系の人になってしまっているので、これを機にWordPressのコミュニティにも積極的に参加していこうと思い立った次第だ。

想像していたより規模が大きくなくて、人混みが苦手な私としては親しみの持てるちょうど良い空間だった。オープンソース系コミュニティのカンファレンスとしては小規模な方になるのかもしれないが、各地で開催されているということを考えれば、妥当な規模だったのかも…と思った。

「WordCamp」の1日目は各種講演やワークショップが催され、2日目は東京では初となる「コントリビュータ・デイ」というイベント内容だった。私は今回どちらもフルで参加してきたので、それの感想も合わせてレポートしていきたいと思う。
このPart1の記事では、1日目のイベント本編を総括してみたい。

では早速、私が聴講したセッションの所感をレポートしていこう。

基調講演『「なんとなく」の壁を越えよう!』

基調講演『「なんとなく」の壁を越えよう!』

Automattic社のグローバライザーである高野直子さんのお話でした。
今回の「WordCamp」のテーマである「more Publishing」というキーワードにおける「Publishing」とは何だろう─ということを改めて考えさせられる内容で、WordPressはパブリッシングプラットフォームであり、やりたいことを実現できるツールでもある──という言葉が印象的で、まさにその通りだなぁ…と。
また、次期バージョンであるWordPress4.4にて搭載される「WP REST API」や、「term meta」についての紹介や、先端技術AMP(Accelerated Mobile Page project)への取り組みなど、興味深い話も聴けたのが良かった。

WP REST APIの活用方法

WordPressの4.4から導入される目玉機能が「WP REST API」だ。これを使えば、URLベースでWordPressと外部サイトが簡単に連携できるようになり、上手に利用すれば、WordPressの可能性は飛躍的に向上するシロモノだ。今のところ、私のプラグイン「CustomDataBaseTables」では、Rewrite APIを使ってWebAPIを実現しているが「WP REST API」が実装されれば、WebAPIの処理プロセスがだいぶシェイプアップできる想定で、期待している機能でもある。
ただ、「WP REST API」の実装は段階リリースになるとのことで、フル機能の実装はバージョン4.5以降になる見込みだ。当分は「WP REST API」をフルで利用するにはプラグインをインストールする状態が続くかもしれない。
私としては、この講義の内容は既知のところが多かったので、得られる情報は少なかったのだが。「WP REST API」を知らなかった人には有益なセッションになったのではないだろうか。

WordPressで行う継続的インテグレーション 入門編

継続的インテグレーション(Continuous Integration)は以前からいつか導入しないとなぁ…と思っていたこともあって、この講義は非常に有益だった。私もプラグインを作っていることもあって、スピーカーの占部さんの苦労話にはまさに共感できるところが多く、改めてCIの導入は「必須」だな…と感じさせられた。PHPUnitをラップした「WP_UnitTestCase」というプラグインの利用方法や、WP-Cliを使うことで既存プラグインのテストコードを自動生成してくれること、VCCWで開発環境を簡単に実現できるお話とか、私にとってはすさまじく有益な情報を入手できた。

私的に、今回の「WordCamp」の技術系のセッションの中ではまさに一番聴けて良かったセッションである。

本格的に「TravisCI」勉強しよう…と痛感した。

公式プラグインでお金を稼ぐことができるか

これも注目していたセッションの一つなのだが、タイムテーブル見たらセッション時間が10分となっていて、それほど有益な情報は得られないかも…とか心配していたが、なんの、素晴らしいセッションだった。

公式プラグインでお金を稼ぐことができるか

私がプラグインで一番悩んでいるのが多言語化だ。日々「プラグインの英語表記がひどい」だの「あなたの英語は怖い」だの…英語力がない私としては他のプラグイン作者さんはどうやって多言語化してるのかなぁ…の一つの解を得られた。そう、上記の写真である通り、業者さんに翻訳してもらえば良いのだ。これで、今後独立した後にWordPressプラグインでのマネタイズという方向性も検討の余地に入れられる…かも知れない。

マルチパブリッシングプラットフォームとしてのWordPress

個人的に日本のWordPress界の偉人の一人と認識している高橋文樹さんのセッション。高橋さんは文系(小説家)なのにWordPresserとしても第一級という文理両道の方で、私も趣味が小説を書くことということもあって、非常にシンパシーを感じる人なわけ。
──と云うわけで、高橋さんのセッションは絶対に聴きたいと思っていたので、今回それが実現できて大満足だった(懇親会ではお話もさせていただき、本当にWordCamp出席して良かったなぁ…と)。
セッション自体もとても面白くて、改めてePubを爆発的に普及させたAmazonはすごいヤツだなぁ…と。私は仕事で出版業界と接点があるのだが、大手の出版社はたいていAmazonを毛嫌いしていて、その一端がePub普及させて電子書籍を流行らせた事に起因しているんだなぁ…と思い返された(笑)

今度、破滅派に寄稿してみようか検討中。

Webサイトをめぐるセキュリティ状況と効果的な防御方法

セキュリティの鬼・徳丸さんのセッション。ためになりました。

Webサイトをめぐるセキュリティ状況と効果的な防御方法

極論すると、パスワードさえ強固であれば、他はあまり気にしなくてもイイって感じ(笑)
WordPress4.3からはパスワード自動生成機能が強化されているのもその証左ってことだ。
あとは、PHPファイルは全てパーミッション600にしておくと安全とのこと。そういえば、私もやってなかったな…やっておかねば。

しらべぇ月間1000万PVになるまでとこれから

良くスマホで「しらべぇ」のニュース観てホント「くだらないこと調査してるなぁ…」と毎度思っていたけど、あえてそういう路線でビジネスモデル化したのはアイデアの勝利ではある。ひたすら嘘ネタを記事にする「虚構新聞」といい、一味違うニュース系サービスが結構出てきた。
ただ「しらべぇ」の場合、全国規模のアンケート収集やら外部編集者を100人単位で揃えるとかは、さすがに博報堂という資本あっての特権だなぁ…とも。社内ベンチャーは母体企業があるゆえリスク少なそうでイイなぁ…とうらやましく思ってしまった。
ただ、今後求められるメディアのあり方とか、ユーザーがWebからアプリへシフトしているという現実には色々と考えさせられることが多かった。

その他

その後は、ライトニングトーク大会を経て、懇親会へ。

懇親会

懇親会では色々な人と出会うことができた(特に高橋さんに出会えたのが私的に一番良かったかな…何気にミーハー)。この日のために個人用の名刺を作っておいて本当に良かった(名刺のデザインをしてくれた嫁さんにも感謝だ)。

懇親会の後は、二次会へ。よくまぁ、数十人規模が入れるお店があったものだ。二次会ではWordPress界の偉人・宮内さんにも会えて、色々お話ができた。
そして、最後は数人でラーメン食べてから帰宅した次第…。

いやぁ… 大満足 な一日目だった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.