マイWebリレーションマップ

2015年2月現在、オレが常習的に利用しているWEB(サービス)のリレーションマップを作成してみた。
利用してるWebサービスが多くなりすぎて、一旦整理しようと思ったからだ。マップに含めなかったが、アカウント的には他に「Pintarest」や「Youtube」、「LinkedIn」、「はてな」…果ては「Mixi」なんかもあるが、ほぼ使ってないのでとりあえず無視しとく。

マイWebリレーションマップ

いやぁ、やはり多いなぁ…(というか、今どきはこれぐらいは普通か?)。本当は「StackEdit」で書いた記事を直接メインサイトに投稿したいんだが、「StackEdit」から独自インストール型のWordPressサイトへダイレクトなPublishはできないっぽい(色々試してみたがダメだった…)。なので、今だ最初の投稿手順は「StackEdit」で記事作成 → メインサイトにコピペという前時代的な流れになっているのだ。

うーむ、何とかここを自動化したいんだよなぁ…。

──で、以前試したのが、「StackEdit」から「WordPress.com」へPublishして、「WordPress.com」側のWebHook機能を使って、メインサイトへ投稿をHTTP経由で同期するという流れだ。これが上手く動けば「WordPress.com」側に投稿をバックアップできるし、イイかもと思ってたんだが、なんと「WordPress.com」のWebHook機能が Post だけ動かないという罠が…(さっき試してみたら publish_post publish_commentpublish_page も全部フックされなかった…マジか!? 劣化してるじゃん!)。このバグについては去年の秋ぐらいにWordPress.comのサポートフォーラムにも報告したんだけど、今もって音沙汰がない状況なのよね…。

それなら──と、次に考えたのが、「StackEdit」から「Blogger」へPublishして、メインサイト側から定期的に「Blogger」の最新記事を取りに行くという方法だ(リレーションマップの赤い矢印のところね)。一応、「Blogger」から最新記事をAPI経由で取得するところの処理は動作検証まで出来ている(以前、この部分は記事にした)んだが、メインサイト(WordPress)側への公開処理や定期バッチ化の開発がまだ出来ていない状況なんだな。こっちの方法は「やれる!」という手ごたえがあるのだが、いやはや、とんでもなく迂遠なうえに、現状だと「StackEdit」側からのPublishした記事を更新して「blogger」に同期した場合に、メインサイトのWordPress側ではその同期を自動では拾えないというのがネックなんだよなぁ。定期バッチで「Blogger」側の元記事の更新日を監視させるという手もあるが、無駄にトラフィック増えてしまうのが目に見えているのでやりたくない。やはり、メインサイト側から能動的にキックして投稿を更新する仕組みが必要だろう。

でもまぁ、「WordPress.com」側のWebHook正常化があまり期待できそうにないので、なんとかこの経路を確立して「StackEdit」と「メインサイト」を連携させてしまいたいもんだ。

あとやりたい最適化というと、ソース管理の一元化なんだが…こっちは、金銭状況的になかなかに難しい。メインサイトのWordPressのソースはプライベートリポジトリ化して公開したくないので、現状は「Backlog」のGitリポジトリにラップしてある。GitHubでプライベートリポジトリを取り扱おうとすると有料になるので、無料枠で1リポジトリだけユーザー制限ありきのエリアで管理できる「Backlog」は好都合だったのだ。「Backlog」はプロジェクトや課題管理もしやすいし、プロジェクト毎にアクセスするユーザーを制限できるので、本当はすべてのソース管理はこちらに寄せてしまいたい──のだが、GitやSVN使うプランだと年間で10万円もかかるので、個人運用では到底ムリッス。GitHubのプライベートリポジトリにも無料枠があれば、そちらに一元化できるんだがなぁ…。

最後に、欲を言えば、最近始めた「Qiita」への記事投稿も簡素化したいんだよね。メインサイト(WordPress)の投稿を「Qiita」へアップ(同期)してくれるようなプラグインはないかね。その前にそもそも「Qiita」のAPIに記事登録系のメソッドとかあるのかを調べないとな…。まぁ、今のオレにはそっちの開発やれるほど余裕がないんで、 WP2Qiita プラグインはまだ夢のまた夢ってところだ(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published.