update_data

(CDBT 2.0.0)

update_data指定テーブルのデータを更新します

Description

bool update_data ( string $table_name, mixed $data, mixed $where_clause )
指定テーブルのデータを更新します。データの更新に成功した場合にはTRUEを返します。最終的なアップデート処理はWordPressの$wpdb->update()をラップしています。

Parameters

table_name
データを更新するテーブル名。
data
更新するデータ。カラム名をキーとした連想配列もしくは、ハッシュ形式の文字列で指定します。

下記の更新データ記述は同一となります。
// 連想配列で指定
$data = array(
  "column1" => "value1",
  "column2" => "value2"
);
// ハッシュ文字列で指定
$data = "column1:value1,column2:value2";
更新するカラムのみの指定で構いません。未指定のカラムの値は変更されません。
where_clause
更新する行の絞り込み条件。カラム名をキーとした連想配列もしくは、ハッシュ形式の文字列(前出のdataの項目を参照)で指定します。複数指定した際の連結演算子はANDとなります。

Return

データの更新に成功した場合にTRUEが返ります。データ更新に失敗した場合にはFALSEが返ります。

History

バージョン 内容
2.0.0 CDBT v1の同名メソッドをリファクタリング
2.0.5 cdbt_before_update_datacdbt_before_update_whereのフィルターを追加

Example

例1 特定のカラム値を持つデータ(行)を一括で更新する。

<?php
global $cdbt;
$table_name = "prefix_table";
$data = [ "remove_flag" => true ];
$where_clause = [ "group_id" => 3 ];
if ( $cdbt->update_data( $table_name, $data, $where_clause ) ) {
  echo "The specified rows was logical delete.";
}

Caution

更新データとしてバイナリデータを取り扱う場合、get_binary_context()メソッドを使用してバイナリのコンテキストを生成する必要がある。

Included Hooks

Reference

Related Methods

  • get_data()指定のテーブルから任意のデータを取得します
  • find_data()指定されたキーワードを含むデータを検索します
  • insert_data()指定のテーブルにデータ(行)を挿入します

Related Codex