ここ数ヶ月、HTML5をはじめAndroidアプリの作り方とかの初歩的な事を色々と勉強して来て、そろそろアプリ開発を実践してみようかなぁと思い立った。
でもJavaがよーわからん。元々デザイナーでWebの業界入ったこともあって、Webの表側のHTML、CSS、JavaScript、ActionScriptとかには自信があるのだが、Javaは…JavaScriptにちょっと面影が似てるようでいて似て非なる言語だというのが改めてわかった程度だ。
何とかPHPは操れるので、プログラマーの端くれぐらいにはひっかかる程度のスキルは持ち合わせているんだが、Javaは何とも理解に苦しむ…。特にAndroidアプリの開発だけが特異なのかもしれないが、元々あるクラスをインポートしまくってオーバーライドして作って行くというセオリーに馴染めないんだなこれが…。
そんな感じでJavaにかなりの不安を抱えている状態だが、まぁやってみようかと。やってるうちにJavaも身につくかもしれないし…(笑)

で、自分のJavaスキルにはまったく信用が置けないので、できるかぎりJavaを使わずに開発するのがベストだろう…と、自分にあったアプリ開発法を探してみた。
Androidアプリの開発と言うと、Eclipse+Javaが基本だが、Javaが苦手な私としては、他の選択肢としては、Flash CS5、Flash Builder4.5、PhoneGap ぐらいかなぁ…と。
早速3つのツールを吟味してみた。
まず、Flash CS5は…うーん、書き出しがAIRアプリになっちゃうのはなぁ…(純粋なAndroidアプリが作りたいので)却下だな。
Flash Builder4.5は良さそうなんだけど…行き詰った時にFlexの知識覚えなきゃならんのは何だかなぁ…ということで却下。
そして、最後はPhoneGap。JavaScriptとHTMLで作れるやつだ。これにjQueryとかのJavaScriptの外部ライブラリを利用すれば、私のスキルでも何とかなりそうだ!…ちゅーことで決定。

あとは、どんなアプリを作るかだ。
やっぱり作ってて楽しいのがイイよなぁ…(笑) となるとゲームしかない!
よし、ゲームを作ろう! どんなゲームかはとりあえず置いといて、とにかくゲームアプリを作るんだ!
じゃあ、ゲームを作るためのJavaScriptライブラリを探してみようかね…。

  1. Cottage(ライセンス:LGPL)
  2. The Render Engine(ライセンス:MIT)
  3. Akihabara(ライセンス:MIT、GPL v2)
  4. if-engine(ライセンス:?) ※ノベルゲーム専用
  5. RPG JS(ライセンス:MIT、GPL v2) ※PRG専用
  6. Game Closure(ライセンス:?) ※マルチプレイヤーゲーム用
  7. Rocket Engine(ライセンス:?) ※商用
  8. diggy(ライセンス:BSD)
  9. Hydra(ライセンス:MIT)
  10. enchant.js(ライセンス:MIT、GPL)

出るわ出るわ…色々あるもんだなぁ…とびっくり。

ライセンス形態が色々あったので、調べてみると、MITが一番制約が緩いんですな。もはや何でもありのライセンスだった。BSDはMITに「開発者への謝辞表示をよろしく」が付くだけで、これまた緩い。
LGPLはGPLの緩い版で、LGPL利用部分をオリジナル部分から切り離せば、オリジナル部分はGPLの制約から外せるというもの。
そんで、元祖GPLは、ソフトウェアのどこにどのように利用してもそのソフトウェアは「誰でも複製・改変・頒布できる」ように「中身を公開」しないといけないという制約がある。
まぁ、別に私の作るプログラムソースなんぞを秘匿しても恥ずいだけなので、別にライセンスはどれでもイイかな…と。
そんで、機能面から色々とググってみて、「Cottage」と「Renderengine」と「enchant.js」の3つに絞り込んで…。
結局、日本製で一番TIPSサイトとかも多かった「enchant.js」をチョイス。

そんなこんなで、最終的な開発環境は、
Eclipse + PhoneGap + enchant.js
と決定! jQueryも使う予定。

さぁて、次にどんなゲームを作るかだが…それは次回までに思い悩もうかと。